鉱山面積制限案、ニッケル最大手は影響なし

フィリピンのニッケル採掘最大手ニッケル・アジア(NAC)は24日、鉱山開発で破壊された環境の回復のため、政府が採掘可能な面積の制限を計画していると報じられたことを受け、同社のニッケル鉱生産量に及ぼす影響はないとの見解を発表した。国内の加工施設へ鉱石を供給する鉱山…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

米BPO、9カ所目の拠点をクラークに開設(12:58)

パサイ―バターン自由港、海路で1時間半に(12:47)

テイクオフ:日本の昭和の象徴は何だ…(05/23)

比人看護師・介護士候補313人 国家資格合格目指し6月出国(05/23)

租税特赦法案、政府は6月までの可決目標(05/23)

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(05/23)

政府債務返済額、1Qは16%減の2080億ペソ(05/23)

22日為替:$1=52.195ペソ(↑)(05/23)

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(05/23)

ビサヤ―ミンダナオ送電網、国家重要事業に(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン