鉱山面積制限案、ニッケル最大手は影響なし

フィリピンのニッケル採掘最大手ニッケル・アジア(NAC)は24日、鉱山開発で破壊された環境の回復のため、政府が採掘可能な面積の制限を計画していると報じられたことを受け、同社のニッケル鉱生産量に及ぼす影響はないとの見解を発表した。国内の加工施設へ鉱石を供給する鉱山…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ教会の前で服の裾…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

太陽光で電動三輪充電、自治体に設備設置へ(07/16)

東南アの車生産、5月は5.7%増の37万台(07/16)

鶴丸饂飩本舗、アジア初展開へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

政府成長目標達成はインフラ支出が鍵、世銀(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン