ポイペト鉄道、開業3週間で事故相次ぐ

カンボジア北西部バンテイメンチェイ州で今月4日に運行を開始したシソポン―ポイペト間の鉄道路線で、車と列車が衝突する事故が相次いでいる。クメール・タイムズ(電子版)などが23日に伝えた。

23日、線路を横断しようとしたトラックの後部にやって来た列車が衝突し、トラックが横転。トラックの運転手が軽傷を負った。同様の事故は開業直後の3週間前と先週21日にも起きており、いずれも軽傷者が出たという。

地元警察によると、事故の原因は列車が来ていたにもかかわらず、トラックが停止せずに突っ切ったためだった。鉄道会社は運転手に対し、当初賠償金4,000米ドル(約44万円)を請求したが、うち1,500米ドルを運転手が支払うことで示談となった。

住民はまだ鉄道に慣れておらず、踏切手前で車を停止しなかったり、車の窓を閉めっぱなしで列車の音が聞こえなかったりすることがあるという。踏切には遮断機や監視員が配置されていない。当局は住民に注意喚起を促すとともに、踏切を横断する際には列車の通過を優先するよう呼び掛けた。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラックランド、イオン2号店の内装施工(07/20)

アクレダ銀系、上場に向け準備(07/20)

〔寄り道〕解散がないという前提だが…(07/20)

鉱山開発ANK、第2期調査に追加投資(07/20)

中国との租税条約、投資拡大を期待(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

バイオ医薬の中国依生、子会社が営業開始(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

独シンクタンク、総選挙は「非民主主義的」(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン