• 印刷する

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資

ソフトバンク(東京都港区)が100%出資する韓国のベンチャーキャピタル、ソフトバンクベンチャーズ(SBVK)は24日、中古取引サービスを提供する地場タングンマーケットに45億ウォン(約4億5,400万円)を出資すると発表した。

今回の出資は、韓国のカカオベンチャーズ、ストロングベンチャーズと共同で実施した。3社の合計出資額は約57億ウォン。

タングンマーケットは、同じ地域内で中古商品を売買したい人をマッチングする個人間取引プラットフォームを運営する。ユーザーはスマートフォンなどで売りたい商品を登録し、買い手とチャットでやり取りして取引することができる。

タングンマーケットのアプリは2015年7月のサービス開始からこれまでに180万件の累積ダウンロード数を記録。毎月の利用者数は、約2年間でおよそ6倍に増加した。

ソフトバンクベンチャーズの関係者は「タングンマーケットは地域住民と疎通し、安心して取引できるため、人口密度が高い都市を中心に高い評価を受けている。今後の伸びしろも大きい」とコメントした。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新韓カード、レンタルなど新事業を開始(16:31)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(19:02)

中韓路線拡大へ、LCC参入で競争激化も(17:07)

テイクオフ:「魔法の足袋」を買いた…(03/19)

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

サムスンとLG、パネル市場でシェア縮小(03/19)

2月輸出額11.4%減、半導体不振=確定値(03/19)

2月の輸入物価指数3.6%上昇、韓国銀行(03/19)

出前アプリ市場、20年に3800万ドル規模へ(03/19)

現代自動車、部長までの役職を統廃合(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン