雄安新区マスタープラン発表 エコ・イノベーション都市目指す

中国国務院(中央政府)はこのほど、河北省保定市の新興開発地域である雄安新区の開発計画綱要(マスタープラン)を承認した。容城と安新の両県の境界地域から開発を進め、2035年までに「エコ」「低炭素」「スマート」「イノベーション」といった基本方針に沿った都市を作り上げる…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(14:10)

「地条鋼」の再稼働防止、21省区市で査察(12:13)

テイクオフ:レストランで清涼飲料水…(05/22)

ブロックチェーンは高成長期 工情省が白書、企業数456社(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

ECの信頼性向上へ、悪質業者の制裁強化(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

1~4月の電力消費、9.3%増の2.1兆kWh(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン