• 印刷する

化粧品ODMが急成長、生産能力を増強

中国市場での化粧品需要の拡大を受け、韓国の化粧品ODM(相手先ブランドによる設計・生産)メーカーの業績が順調に伸びている。20日付韓国経済新聞が伝えた。

韓国コルマーの初代研究所長が創業したコスメッカコリアの2017年売上高は1,823億ウォン(約184億円)を記録。18年は31%増の2,400億ウォンを目指し、昨年と同規模の250億ウォンの投資を計画する。韓国工場の増設と中国工場の新設により、生産能力を昨年の2倍に増強する。

新興市場コスダックに上場するコスオンの昨年の売上高は、1,005億ウォンと初の1,000億ウォン台に乗せた。化粧品大手アモーレパシフィックからの受託を追い風に伸びている。下期には韓国に第2工場を完成させ、年末には中国工場を着工する。

中小企業のCNFはシートマスクの製造を専門に、昨年の売上高は1,472億ウォンとほぼ倍増した。アウティンフューチャーズは相手先ブランドだけでなく独自のブランドも手掛ける。

これら化粧品ODMは、韓国ブランドが高い人気を集める中国化粧品市場の急成長に対応するため生産能力の増強を図っている。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 化学小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン