• 印刷する

テイクオフ:「怖がらなければ、何が…

「怖がらなければ、何ができる?」――フェイスブックCOO、シェリル・サンドバーグ氏の本で見つけたフレーズに日々勇気づけられている。

タイは女性管理職の割合が大きい。グラントソントンの調査によると、2014年の日本の女性管理職の割合が9%なのに対し、タイは約4倍の38%。興味深いデータなので、タイでの「女性と仕事」についてさらなる情報収集を始めたところだ。

「なぜ多くの女性は、仕事を続けようとしないんだろう」。学生の頃抱いていた疑問の解が、社会人になった今なら分かる。女性が働き続けトップを目指すことは、非常に難しい。それが今の日本の現実だ。いつか自分に子供ができ、その子が社会に出る頃には、ステレオタイプに縛られず、多様な価値観や働き方が許容される社会になっていてほしいと強く願う。記者として、自分にできることを今一度考えてみたい。(齋)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「誰がウイグルをケアし…(11/19)

国内初の建材量販店開業 タイ系グローバル、1万点陳列(11/19)

車選びは安全性能を重視 ミレニアル世代、インテージ調査(11/19)

福田汽車、トラックとバス3モデルを発表(11/19)

北海道アンテナショップで知事が売り込み(11/19)

CPFの1~9月決算、海外好調で7%増益(11/19)

訪日客目線で売り込みを、商工中金がセミナー(11/19)

NLAが土地・建物税法可決、20年に施行(11/19)

ラクラバンのコンテナ基地運営、10社が関心(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン