• 印刷する

公営企業4社、春節前ボーナス4.4カ月分も

台湾経済部(経済産業省)国営事業委員会が管轄する公営企業4社の2019年の春節(旧正月)前ボーナス「年終奨金」が、最高で月額給与の4.4カ月分に達する可能性が出てきた。中央通信社などが伝えた。

該当する公営企業は、電力事業を担う台湾電力(台電)、石油元売り最大手の台湾中油(中油)、水道事業を担う台湾自来水(台水)、農産業最大手の台湾糖業(台糖)の4社。

公営企業の春節前ボーナスは、前年の業績や予算執行能力、勤務評定などを考慮して金額が査定される。経営部関係者によると、前年は4社ともに業績が好調だったことから、すでに2.4カ月分の支給がほぼ確定済み。残りの部分についてはさらに行政院(内閣)による査定が必要だが、最高で2カ月分が上乗せされる可能性があるという。公営企業の平均給与が月6万台湾元(約21万9,000円)であることから試算すると、平均24万元以上が支給される計算になる。

ただ、台電と中油は昨年8月の大規模な停電をめぐって責任を問われていたこともあり、市民の間には多額のボーナス支給に対する不満の声も上がっているようだ。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜の夕方に飛び込んで…(10/23)

台鉄事故原因はスピード超過 調査委発表、列車運行は部分再開(10/23)

18年の超大型パネル出荷量、京東方が群創超えへ(10/23)

台湾マイクロン副総裁、DRAM微細化加速(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

中油、95無鉛ガソリンで不合格品発覚(10/23)

製薬の康聯、「リリカ」関連2社を買収(10/23)

合一生技と上海海和、糖尿病創傷治癒薬を開発(10/23)

KYB、改ざん対象製品の台湾での流通を調査中(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン