• 印刷する

2月の失業率3.3%、前月比0.1ポイント減

マレーシア統計局が16日に発表した2月の失業率(速報値)は3.3%で、前月比0.1ポイント減だった。季節調整後の失業率は3.2%だった。

労働力人口は前月比で0.3%増の1,523万人。うち、就業者数は同0.3%増の1,472万1,500人だった。

失業者数は50万8,500人で、前月比1.5%減だった。主婦や学生などの非労働力人口は711万2,300人で、前月比で0.5%増だった。

生産年齢人口(15~64歳)に対する労働力人口の比率は前月から横ばいの68.2%だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

高速道4本買収を閣議決定、慎重論も(21:57)

世界年金指数、4ランク上昇の16位に(21:57)

マ産パーム油の輸入停止呼び掛け、印業界(21:57)

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン