米、特恵関税制度の適格性見直しに着手

米通商代表部(USTR)は、途上国からの輸入関税を優遇する一般特恵関税制度(GSP)について、インドネシアとインド、カザフスタンの適格性を見直すと発表した。米トランプ政権が昨年10月に発表した、GSP適格性の独自見直しの一環。 USTRは、インドネシアが市場参入…

関連国・地域: インドネシアインド米国中東
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

パティンバン港の運営、日本企業6社が関心(21:17)

線材原料が不足、上流産業への投資誘致要請(21:21)

テイクオフ:インドネシアの金融市場…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

【地場・外資特集】ネット保険先駆者の挑戦 6年目は加入者2倍以上へ(04/25)

家電アクア、香り機能付きエアコン投入(04/25)

為替参照1万3900ルピア、2年半ぶり最安値(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

中小企業向けの新たな税制優遇策導入を検討(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン