米、特恵関税制度の適格性見直しに着手

米通商代表部(USTR)は、途上国からの輸入関税を優遇する一般特恵関税制度(GSP)について、インドネシアとインド、カザフスタンの適格性を見直すと発表した。米トランプ政権が昨年10月に発表した、GSP適格性の独自見直しの一環。 USTRは、インドネシアが市場参入…

関連国・地域: インドネシアインド米国中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ車ディーラー、スマトラ島に6店開設(12/19)

ICT開発指数、前年比0.65ポイント上昇(12/19)

天然ゴム価格の低下、3カ国が近く対策実施(12/19)

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

首都交通、ナンバー規制の延長を政府に提案(12/18)

政府、官民連携のインフラ事業を推進(12/18)

11月の貿易収支、2カ月連続で赤字(12/18)

アチェの経済特区が正式稼働、高速道も着工(12/18)

ロッテ、東南アジア事業に本腰(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン