米、特恵関税制度の適格性見直しに着手

米通商代表部(USTR)は、途上国からの輸入関税を優遇する一般特恵関税制度(GSP)について、インドネシアとインド、カザフスタンの適格性を見直すと発表した。米トランプ政権が昨年10月に発表した、GSP適格性の独自見直しの一環。 USTRは、インドネシアが市場参入…

関連国・地域: インドネシアインド米国中東
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(07/20)

バンテン州高速道路、上半期の交通量2%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン