政府機関、エネ政策草案発表 石炭火電の特別扱いなし

オーストラリア政府協議会(COAG)の諮問機関、エネルギー安全保障委員会(ESB)はこのほど、連邦政府のターンブル政権が実現を目指す新エネルギー政策「ナショナル・エネルギー・ギャランティー(NEG)」の草案を発表した。石炭火力発電を特別扱いせず、中立的なアプロ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝、全国紙を広げている…(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

シドニー住宅空室率2.8%、過去13年間最高に(10/18)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(10/18)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(10/18)

一般炭価格、エネ含量との関連なしに急上昇(10/18)

リオの3Q鉄鉱石出荷5%減、死亡事故響く(10/18)

WA州野党、鉄鉱石企業への増税案を再検討(10/18)

SA州政府、前政権設置の発電機を民営化(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン