斗山、自動運転技術のベンチャーに投資へ

韓国・斗山グループの建設機械メーカー、斗山インフラコアは12日、自動運転システムを開発するスタートアップ企業のPoteNitと投資契約を結んだと発表した。投資額は公表していない。斗山インフラコアは建設や鉱山などの現場で用いる建設機械を無人化・自動化する技術を確保し、これを用いたITサービス事業への進出を模索する。

同社は第4次産業革命に関連した新技術と新事業への投資を本格化している。物流と製造現場で成長が見込まれる自律移動ロボット(AMR)の技術確保にも取り組んでおり、PoteNitの技術力を生かせると判断した。

両社は15年から共同で無人自動化システム技術の高度化を目指してきた。建設機械以外の領域にも活用する計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウルの商圏は1カ所に…(04/25)

韓国通商幹部、スーチー氏・商業相と会談(04/25)

パワハラ騒動、揺れる韓進 財閥の実態浮き彫り(04/25)

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(04/25)

3月新規車両登録は24%減、乗用車が悪化(04/25)

ペトロナスLNG、韓国Sオイルに供給開始(04/25)

ヤンゴン新都市開発、中韓などが関心(04/25)

米エリオット、現代自の改編案に異議(04/25)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(04/25)

BMWとポルシェ、排ガス不正で法廷行き(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン