アジア開銀、18年の経済成長率は5.3%予測

アジア開発銀行(ADB)は、11日に発表した最新版の「アジア経済見通し2018年」で、マレーシアの2018年の国内総生産(GDP)成長率を前年比5.3%と予想した。前回(12月)見通しから変わらなかった。インフレ率の見通しは2.7%と、前回から0.1ポイント上昇した。

ADBは、マレーシアの17年GDP成長率が5.9%増と好調だった背景として、「復調した輸出と堅調な内需」を挙げた。合わせて個人消費も伸びており、輸出増に刺激されて民間投資も順調に拡大したと指摘した。

産業別では、全体的に堅調だった中でも、製造業がけん引役になったと説明。特に、製造業の25%、輸出の40%を占める電子・電気製品が前年比8%成長したことが経済成長に寄与したと述べた。

ADBは19年のマレーシアGDP成長率は、5.0%を予測した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のGDP成長率は、18年、19年とも5.2%と見通した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ハッピー・ニュー・マ…(05/23)

マハティール新政権の動向注視 二国間関係の行方、専門家に聞く(05/23)

ナジブ前首相の事情聴取始まる 逮捕でなく文書回収が目的=当局(05/23)

1MDB疑惑=「債務」と「不正資金」問題(05/23)

〔新政権〕14閣僚が就任、連立のバランスを重視(05/23)

RM=27.9円、$=3.96RM(22日)(05/23)

日産など、GSTを消費者に還元(05/23)

4月の新車販売、1.1%増の4万7千台(05/23)

F&S、総選挙後の自動車業界見通し(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン