• 印刷する

アジア開銀、18年の経済成長率は5.3%予測

アジア開発銀行(ADB)は、11日に発表した最新版の「アジア経済見通し2018年」で、マレーシアの2018年の国内総生産(GDP)成長率を前年比5.3%と予想した。前回(12月)見通しから変わらなかった。インフレ率の見通しは2.7%と、前回から0.1ポイント上昇した。

ADBは、マレーシアの17年GDP成長率が5.9%増と好調だった背景として、「復調した輸出と堅調な内需」を挙げた。合わせて個人消費も伸びており、輸出増に刺激されて民間投資も順調に拡大したと指摘した。

産業別では、全体的に堅調だった中でも、製造業がけん引役になったと説明。特に、製造業の25%、輸出の40%を占める電子・電気製品が前年比8%成長したことが経済成長に寄与したと述べた。

ADBは19年のマレーシアGDP成長率は、5.0%を予測した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のGDP成長率は、18年、19年とも5.2%と見通した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「レンタル彼氏」の話題…(01/22)

みずほFGなどサムライ債幹事 マ財務省が指名、数カ月内に発行(01/22)

RM=26.6円、$=4.11RM(18日)(01/22)

新車価格決定遅延は透明化のため、貿産省(01/22)

リチウム電池生産計画、1年半以内に具体化(01/22)

プロトン、中国合弁解消で元提携先が提訴(01/22)

BMWの販売台数、18年も過去最高更新(01/22)

プロトン、「プルダナ」のリコール実施(01/22)

18年の空港利用者数、2.5%増の9903万人(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン