• 印刷する

アジア開銀、18年の経済成長率は5.3%予測

アジア開発銀行(ADB)は、11日に発表した最新版の「アジア経済見通し2018年」で、マレーシアの2018年の国内総生産(GDP)成長率を前年比5.3%と予想した。前回(12月)見通しから変わらなかった。インフレ率の見通しは2.7%と、前回から0.1ポイント上昇した。

ADBは、マレーシアの17年GDP成長率が5.9%増と好調だった背景として、「復調した輸出と堅調な内需」を挙げた。合わせて個人消費も伸びており、輸出増に刺激されて民間投資も順調に拡大したと指摘した。

産業別では、全体的に堅調だった中でも、製造業がけん引役になったと説明。特に、製造業の25%、輸出の40%を占める電子・電気製品が前年比8%成長したことが経済成長に寄与したと述べた。

ADBは19年のマレーシアGDP成長率は、5.0%を予測した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のGDP成長率は、18年、19年とも5.2%と見通した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、世界最大の「ミロ」工場などに投資(16:00)

ペトロナス小売り部門、設備投資5億リンギ(15:59)

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン