• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでよく見掛…

シンガポールでよく見掛けるフレーズに「レッド・ドット」というものがある。街中のカフェやバーから政府主催のイベントなどまで、赤い点を冠する名前が多いのだ。

この言葉の由来は1990年代までさかのぼる。隣国インドネシアのハビビ大統領(当時)が、揶揄(やゆ)する形で「シンガポールは地図上の小さな赤い点(リトル・レッド・ドット)にすぎない」と発言したことがきっかけだ。シンガポール人の友人によると、ハビビ大統領の発言には当時、国民のほとんどが「確かに俺たちの国は小さい赤い点にすぎないぞ!でもなぁ、小さい国でも力はあるんだ」と息巻いたとか。皮肉を逆手にとり、赤い点であることをそこかしこに掲げることで、自分たちの誇りを守ったのだという。

ところで日本の国旗「日の丸」も赤い点のデザインではないか。こんなところにも両国の共通点を見つけた。(薩)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは狭い国と…(10/15)

2回連続で金融引き締め実施 7~9月期GDPは2.6%増(10/15)

JR東日本、秋・鉄道テーマにした催し開催(10/15)

8月小売業売上高は0.4%下落、自動車が不振(10/15)

11月妥結へ「大詰め段階」、RCEP閣僚会合(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

米長官がASEAN会合へ、中国意識し関与強調(10/15)

世界最長路線が再開、シンガポール―NY間(10/15)

欧州ABB、イノベーションセンターを開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン