• 印刷する

テイクオフ:555――。タイでは「…

555――。タイでは「面白い」という意味でメッセンジャーアプリのやり取りやインターネット上で使われる。これがフィリピンだと不当な労働契約を繰り返すことを表す言葉で、「(ずっと5で)6が来ない」という使われ方をされるという。

フィリピンでは試用期間6カ月間を経て正規雇用となる。使用者がそれより短い有期雇用契約を結び、契約の満了と再雇用を繰り返す「ENDO(契約の終了)」が問題だとして、労組が是正を求めている。完全規制となれば、企業側にも影響を与えると見られ、動向が注目される。

タイ人にメッセージを送ると、幾度となく登場する555。タイ語の5は発音が「ハァー」でHAHAHA。前任地のタイで自然と使うようになったが、フィリピンでは封印しようと心に誓う。面白い時、英語圏の「lol」が妥当なのだろうか。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2019年の祝休日発表、合計19日(08/17)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(08/17)

7月の外国人証券運用、5300万ドル買い越し(08/17)

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン