ソニー、4KHDR搭載の新型スマホ発表

ソニー・タイは4日、スマートフォンの新モデル「エクスペリアXZ2」を発表した。4KHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)機能を搭載した高級モデルで、同社が重要市場と位置づけるタイの高価格帯市場でのシェア拡大を狙う。

「エクスペリアXZ2」はソニーがタイで生産して販売するモデルとしては5機種目で、今月27日に発売。スマホでは世界初となる4KHDRの動画撮影ができる。価格は2万5,990バーツ(約8万8,400円)で、シルバーやブラックなど全4カラーを展開する。ソニー・タイの目加田諭ゼネラルマネジャーは、「われわれは音楽やカメラ機能など、エンターテインメントの分野で勝負し、ソニーのユニークさを評価してくれる人をターゲットにしている」と抱負を述べた。

目加田氏によると、タイの携帯電話市場は約1,800万台で、このうち同社が高価格帯と位置づける2万バーツ以上の製品のシェアは1割程度。高価格帯市場におけるソニーのシェアは10%未満という。タイの携帯電話市場の規模は、東南アジアではインドネシアに次ぐ第2位になる。

4KHDR機能を搭載した新製品「エクスペリアXZ2」=4日、バンコク(NNA撮影)

4KHDR機能を搭載した新製品「エクスペリアXZ2」=4日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン