• 印刷する

ユニリーバ、クノールの魚粉末調味料を発売

英蘭系の食品・家庭用品大手ユニリーバはミャンマーで、「クノール」ブランドの粉末調味料「フィッシュパウダー」を発売した。ミャンマー市場向けに開発された新商品で魚をベースとしたもの。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が2日伝えた。

同社は6年前、ミャンマーで鶏ベースの粉末調味料「チキンパウダー」を発売して以来、同市場向けに新たな商品の研究・開発を行ってきた。市場調査の結果、ミャンマーの家庭では魚料理が最も多く食べられていることが明らかになり、タイの首都バンコクにある同社の研究開発部で新商品の開発を進めてきた。

フィッシュパウダーには、ミャンマー人が好む臭みの少ない新鮮な川魚を利用し、ニンニク、タマネギ、ショウガを加えた。人工の添加物や保存料は一切含まれておらず、カロリーと脂肪分はゼロ。味はもとより、体にも良い調味料になっているという。

発売前に実施したミャンマー人主婦を対象とした消費者モニター調査では、高評価を得たという。クノールのブランドマネージャーは「新鮮な高級魚を使い、他の原料は農家から仕入れることで、健康に寄与する商品に仕上げた」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

プロジェクトバンクのオンラインサイト開設(18:57)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

肺炎拡大でスイカ輸出停滞、損失5千万ドル(02/27)

韓国人感染者と接触した22人、自宅隔離指示(02/27)

改憲審議で国軍議員が激しく抗議、議場混乱(02/27)

電力供給量を拡大、年央まで1千MW追加(02/27)

ICJで弁論の英大教授、3月5日に講演(02/27)

SIMカード、6月までの再登録を徹底へ(02/27)

政府債務が政権発足時の約3倍、議員が批判(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン