• 印刷する

ユニリーバ、クノールの魚粉末調味料を発売

英蘭系の食品・家庭用品大手ユニリーバはミャンマーで、「クノール」ブランドの粉末調味料「フィッシュパウダー」を発売した。ミャンマー市場向けに開発された新商品で魚をベースとしたもの。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が2日伝えた。

同社は6年前、ミャンマーで鶏ベースの粉末調味料「チキンパウダー」を発売して以来、同市場向けに新たな商品の研究・開発を行ってきた。市場調査の結果、ミャンマーの家庭では魚料理が最も多く食べられていることが明らかになり、タイの首都バンコクにある同社の研究開発部で新商品の開発を進めてきた。

フィッシュパウダーには、ミャンマー人が好む臭みの少ない新鮮な川魚を利用し、ニンニク、タマネギ、ショウガを加えた。人工の添加物や保存料は一切含まれておらず、カロリーと脂肪分はゼロ。味はもとより、体にも良い調味料になっているという。

発売前に実施したミャンマー人主婦を対象とした消費者モニター調査では、高評価を得たという。クノールのブランドマネージャーは「新鮮な高級魚を使い、他の原料は農家から仕入れることで、健康に寄与する商品に仕上げた」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

汚職疑惑のエネ相が職務再開、調査は続行(15:34)

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(19:59)

中国との国境貿易路に打撃 武装勢力の襲撃で、観光も影響(08/19)

大使館、襲撃現場付近への渡航に注意喚起(08/19)

「近くロヒンギャ3千人余帰還で協議」政府(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

工業省、副大臣に41歳の世銀経験者が就任(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

不動産への減税見送り、業界が再検討を要求(08/19)

ヤンゴン新都市の土地8割収用、管区首相(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン