仏エンジー、南スマトラ地熱発電で融資契約

仏エネルギー大手のエンジー(旧GDFスエズ)は、出資するインドネシアでの地熱発電所事業の運営合弁会社が先ごろ、南スマトラ州のランタウデダップ地熱発電事業で初の融資契約を締結したと明らかにした。26日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。 23日に、事業運営会社のシ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

ホンダ二輪、CBR150Rの新モデルを発表(10/19)

ダイハツ小売り販売、1~9月は7.8%増(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン