連邦制の憲法草案、7月までの提出で調整

フィリピンの現行憲法(1987年制定)改正を検討する憲法委員会(Con―Com)は、今年7月に予定される大統領の施政方針演説(SONA)までに、連邦制への移行を盛り込んだ新憲法の草案をドゥテルテ大統領に提出する方針だ。現政権の任期が満了となる2022年までに移行したい…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:会社の電話の調子が悪い…(10/22)

グローバル人材育成の拠点に ビズメイツ、英語で「起業」体験(10/22)

羽田大使、税制改革審議で対日配慮求める(10/22)

9月国際収支は27億ドル赤字、5年ぶり水準(10/22)

BOIの投資認可額、1~9月は19%増(10/22)

19日為替:$1=53.700ペソ(↑)(10/22)

現代自の9月新車販売、前年並みの3217台(10/22)

サンミゲル、食品株の売却計画を縮小(10/22)

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン