周辺国との鉄道接続を強化、公共事業省幹部

ラオス公共事業・運輸省は、大メコン圏(GMS)6カ国(タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ベトナム、中国)の中継点として、周辺諸国を結ぶ鉄道建設を加速する方針を明らかにした。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が26日伝えた。 公共事業・運輸省の高官が、首都ビエン…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(20:23)

ラオス事業家百人の紹介データ、後編を発表(05/21)

ラオス中国鉄道、影響住民への補償承認(05/21)

ラチャブリ、23年までに海外事業比率4割に(05/18)

ウェーブ、英語学校WSEのFC権取得(05/17)

割賦ティティコン、カンボジア子会社増資へ(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン