• 印刷する

米アライアンス、50億円で洗濯機工場を設置

アライアンス・ランドリー・システムズは、タイ工場を設置すると発表した(同社提供)

アライアンス・ランドリー・システムズは、タイ工場を設置すると発表した(同社提供)

業務用洗濯機メーカー大手の米アライアンス・ランドリー・システムズは23日、タイ東部チョンブリ県のヘマラート・チョンブリ2工業団地(HCIE2)に洗濯機・乾燥機工場を設置すると発表した。投資額は15億バーツ(約50億4,000万円)。4月に着工し、2019年初の稼働を目指す。

同社にとって米国、チェコ、中国に次ぐ4カ所目の工場で、国内に加えアジア太平洋地域の輸出拠点としても位置付ける。高度技術を使った洗濯機と乾燥機を生産し、20年までに年産能力を2万台とする計画。研究開発(R&D)施設、試験所も設置する。

同社はタイへの工場設置について、アジア太平洋地域の業務用洗濯機の需要がホテル、病院用などを中心に世界で最も拡大している上、タイはアパートなど集合住宅の建設が進み、コインランドリーの需要が高まっていると説明。タイ工場の設置でタイムリーな供給を実現させることに期待を示した。

アライアンス・ランドリー・システムズは、「スピード・クイーン」「ユニマック」「Huebsch(ヒュービッシュ)」「プリマス」「IPSO」「ソフトウォッシュ」のブランドで業務用洗濯機、乾燥機などを展開している。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン