投資委が製造業投資3件を認可、計70億ペソ

フィリピンの投資委員会(BOI)はこのほど、製造関連の事業3件への優遇をそれぞれ認可した。投資総額は69億5,000万ペソ(139億円)。 BOIによると、最大規模の計画は、ガラス瓶を生産するサンミゲル山村アジアの新工場建設と最新設備の導入で、投資額は39億9,000万ペソ。カ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

日系IT現法、税務訴訟で勝訴(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン