• 印刷する

MRT3号線、ガムダ・MMC陣営有力か

金融大手CIMB系のリサーチ会社、CIMBリサーチはこのほど、マレーシア首都圏のMRT(大量高速交通システム)環状線(3号線)の受注競争で、地場建設会社のガムダ、エネルギー・港湾事業のMMC、英系エンジニアリング大手ジョージケントによるコンソーシアムの受注が有力視されると指摘した。22日付スターが伝えた。

CIMBリサーチは「3社陣営は地下トンネル工事、システム工事、資源、人材、施工実績からみて、経験があると判断されるからだ」と指摘した。

MRT3号線をめぐっては、政府が2社もしくは単一コンソーシアムへの発注を検討しているとの報道があったばかりだ。事業推進母体のMRTコープは、最安値での入札が落札の必要条件ではないと表明しており、入札参加者は設定条件に対する総合スコアで最優秀の評価を受ける必要がある。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランスで燃料税引き上…(12/12)

テイクオフ:ダイズアメブラチュウア…(12/12)

埋め立てから焼却発電へ ス州、ごみ処理で中国企業と提携(12/12)

RM=27.0円、$=4.18RM(11日)(12/12)

11月の空港利用者、前年同月比4.3%増(12/12)

トップグローブ長時間残業疑惑、強要を否定(12/12)

電力テナガ、インドの水力発電事業に出資(12/12)

プレスタリアンの株急落、政府の契約破棄で(12/12)

11月のパーム原油生産、前月比6%減(12/12)

フェルダ改革白書、国会提出は19年に延期(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン