• 印刷する

ビンファスト、EVなど人気投票結果を発表

ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)の子会社で、自動車の生産を目指すビンファストが、このほど実施した電気自動車(EV)と小型車のデザインに関する人気投票の結果を発表した。22日付ダウトゥ電子版などが報じた。

ビンファストのこの種の投票は、前回2017年10月のセダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)についての投票に次いで2回目で、3月8~18日にウェブサイト上で30万票近くが集まった。候補はEVが17モデル、小型内燃機関自動車が19モデルの計36モデルで、イタルデザイン、ワンワンラブ、ピニンファリーナ、トリノ・デザインの4社がデザインした。

その結果、EVで一番人気は「IDG EV A」、小型車では「IDG ICE A」で、得票率はそれぞれ22.8%、21%だった。いずれも、イタルデザインによるもので、他の多くの候補同様、フロントグリル上に「V」のエンブレムを配している。投票者のうち、人気車種に投票し、それらの得票率を正しく予想した人にクーポン券などが進呈された。ビンファストは、19年末までにEVと小型車の生産を始めたい意向だ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

中部高原―中南部高速、国の計画案に追加へ(07/03)

HCMの住宅販売、4~6月は2倍の569戸(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

フンイエン省工業団地3件、国の計画に追加(07/03)

フエ省でLNG火発計画、投資額62億ドル(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン