ビンファスト、EVなど人気投票結果を発表

ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)の子会社で、自動車の生産を目指すビンファストが、このほど実施した電気自動車(EV)と小型車のデザインに関する人気投票の結果を発表した。22日付ダウトゥ電子版などが報じた。

ビンファストのこの種の投票は、前回2017年10月のセダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)についての投票に次いで2回目で、3月8~18日にウェブサイト上で30万票近くが集まった。候補はEVが17モデル、小型内燃機関自動車が19モデルの計36モデルで、イタルデザイン、ワンワンラブ、ピニンファリーナ、トリノ・デザインの4社がデザインした。

その結果、EVで一番人気は「IDG EV A」、小型車では「IDG ICE A」で、得票率はそれぞれ22.8%、21%だった。いずれも、イタルデザインによるもので、他の多くの候補同様、フロントグリル上に「V」のエンブレムを配している。投票者のうち、人気車種に投票し、それらの得票率を正しく予想した人にクーポン券などが進呈された。ビンファストは、19年末までにEVと小型車の生産を始めたい意向だ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ダイキン、エアコン工場稼働 20年までに年間100万台生産へ(05/21)

ホンダ、大型バイクに本格参入(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

ハノイ市、7月から3路線でCNGバス運行(05/21)

ベトナム航空、カントー市に物流センター(05/21)

ベトジェット、関空旅博に初出展(05/21)

物流ジェマデプト、1Qは20%の減収(05/21)

ビエンホア工業団地、商業施設に切り替えへ(05/21)

ハノイの集合住宅、価格帯に需給のずれ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン