ヤンゴンの無収水率は約50%、市が調査へ

ミャンマー最大都市のヤンゴン市が供給している1日当たり2億500万ガロン(約77万6,000キロリットル)の水道水の約半分が無収水になっている。市は調査を進め対策を講じる方針だ。電子メディアのイラワジが21日伝えた。 ヤンゴン市開発委員会(YCDC)水道・衛生局によると、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

吉本興業、ミャンマーに「住みます芸人」(20:47)

韓国、ミャンマーの農機開発を支援(20:43)

越系マイテル、参入早々に受難 「軍の合弁」に臆測も顧客は急伸(06/25)

NLDが5年ぶり党大会、結束を呼び掛け(06/25)

新会社法は8月1日施行、大統領府が告知(06/25)

ヤンゴン空港行きシャトルバス、運行を開始(06/25)

中国商用車の輸入許可、北部のムセ国境から(06/25)

マンダレーのガス発電所、来年2月に完成へ(06/25)

マンダレー、バイクタクシーの事業環境整備(06/25)

香港系ローズウッドホテル、ヤンゴン進出へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン