HCM市郊外、水質汚染が深刻化

ホーチミン市郊外のビンチャイン郡で水質汚染が深刻化している。産業排水などにより河川に住む魚や稲作に悪影響が出る恐れがある。22日付サイゴンタイムズが報じた。

ビンチャイン郡ではチョーデム川の水質が悪化しており、漁業や稲作に従事する流域1,700世帯の生活が脅かされている。またレミンスアン工業団地から処理が不十分な産業排水がチョーデム川や運河に流れ込んでいる。汚染により川の魚が死に、悪臭も漂っている。

ホーチミン市では、産業排水の処理が行き届いておらず、生活排水も85%が下水処理されていないとされる。特に8区、ビンチャイン郡、ホクモン郡といった市西部で15本の運河で水質が悪化している。

ホーチミン市は、2020年までに11カ所の排水処理場を建設し、1日当たりの処理能力を計190万立方メートルに、30年には300万立方メートルに引き上げる計画だ。しかし現状で建設済みの処理場はビンフンとビンフンホアのみで、1日の処理能力はそれぞれ14万1,000立方メートルと3万立方メートルに過ぎない。

市人民委員会は、市西部については処理場を3カ所に分散して整備する計画を修正して1カ所に大型施設を建設できるよう首相に承認を求めている。既に韓国企業がタムホア・ローゴム、タイサイゴンとビンタンといった市西部の排水を処理できる大型処理場の投資を提案している。提案では1日当たりの処理能力は65万立方メートルで投資額は4億9,000万米ドル(約520億円)に上る。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

日系現法、東南ア収益1割増 タイ・ネシアの二輪四輪がけん引(05/28)

ホンダ、二輪車の生産能力10%増強へ(05/28)

JLR、ベトナムでの中古車販売を開始(05/28)

ハナム省でセメント工場増設なし、首相方針(05/28)

リクシル、ハノイに初ショールーム開設(05/28)

ペトロリメ、HCM市でもセルフ給油(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

ギソン製油所、ディーゼルを初出荷(05/28)

低効率製品の生産・輸入禁止、首相決定(05/28)

韓国の太平洋物産が工場増設、生産額倍増(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン