公営EESL、英国の熱電併給社を買収

インド公営のエナジー・エフィシェンシー・サービシズ(EESL)は、熱電併給(CHP)システムを手掛ける英国のエディナを5,500万英ポンド(約82億円)で買収した。電力省の傘下企業が外国企業を買収したのは初めて。ザ・ヒンズー(電子版)が20日に伝えた。 英国子会社エナジ…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

リーラコーエン、日本に就職相談窓口を設置(08/15)

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン