• 印刷する

シャープ、ヒジャブ専用の洗濯機を投入

シャープのインドネシア法人、シャープ・エレクトロニクス・インドネシア(SEID)は21日、イスラム教徒の女性が頭にかぶるスカーフ(ヒジャブ)専用の洗濯機「ヒジャブ・シリーズ」を投入すると発表した。宗教的な意味合いだけでなく、ファッション性を重視したヒジャブが増えていることから、手軽に手入れできるよう洗濯機を発売した。

容量は7.5キログラムと9キログラム、色はピンクと水色の2色を用意。価格は150万ルピア(約1万1,600円)からに設定した。

発表によると、SEIDは洗濯槽内部の回転羽(パルセーター)の設計にこだわって開発。ランドリーネットとの併用で、ヒジャブのほつれや色落ちなどの心配をすることなく、手洗いと同じ仕上がりに簡単に洗濯することができるという。

SEIDが発売したヒジャブ専用洗濯機「ヒジャブ・シリーズ」(同社提供)

SEIDが発売したヒジャブ専用洗濯機「ヒジャブ・シリーズ」(同社提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/22)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン