産金ニュークレスト、パプア鉱山投資額引上げ

オーストラリアの産金大手ニュークレスト・マイニングが、パプアニューギニア(パプア)で開発する予定の金・銅鉱山への設備投資額を、当初の予定より13億豪ドル(約1,068億円)引き上げることになった。先に行った実現可能性調査の結果、金と銅の年平均生産量がこれまでの予想より…

関連国・地域: オーストラリアパプアニューギニアアフリカ
関連業種: 天然資源金融・保険雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:眼鏡を新調するため、シ…(05/22)

「多国籍企取り締まれば支持」 法人減税、少数政党が鍵(05/22)

二次ボイコット合法化案、労組と企業が対立(05/22)

自動運転車、豪で2021年に実用化?(05/22)

〔オセアニアン事件簿〕今度は携帯網、テルストラでまた大規模障害(05/22)

豪機関、NSW送電企の資本支出額2割削減(05/22)

オーリゾンのメンテ計画修正、BHPが反発(05/22)

豪資源企業、米テスラに水酸化リチウム供給(05/22)

スペイン建設大手、豪で廃棄物処理事業検討(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン