最大野党の前党首、国家反逆容疑で提訴

カンボジア内務省は、旧最大野党・救国党のサム・レンシー前党首を国家反逆容疑でプノンペン地方裁判所に訴えたことを明らかにした。国内4州の領土をベトナムの山岳少数民族に割譲しようとした疑い。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 内務省テロ対策局が14日夕に訴えた。…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

社会的弱者に広がる生活不安 新型コロナ、国は給付金拡大急ぐ(04/02)

都市封鎖や工場閉鎖はなし、首相が明言(04/02)

世銀、新型コロナで20年成長率は2.5%予測(04/02)

SBI、子会社が商銀ライセンス取得(04/02)

日系がカジノ子会社の株譲渡、コロナ影響で(04/02)

小売ラッキー、非接触型決済システムを導入(04/02)

非常事態宣言、発令向け法整備進める(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン