• 印刷する

NEC、アジア11カ所結ぶ海底ケーブル受注

NECは15日、アジア地域の11カ所を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注したと発表した。受注先は、KDDIやシンガポール通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)など8社から成るコンソーシアム(企業連合)。受注額は明らかにしていない。2020年の完成を見込む。

今回請け負ったのは、日本、韓国、中国、台湾、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジアの9カ国・地域を結ぶ「サウスイースト・アジア―ジャパン・ケーブル(SJC)2」。日本と台湾は各2カ所、他の7カ国・地域は各1カ所が接続される。

SJC2の総延長は1万500キロメートルで、1波長当たり毎秒100ギガビット(Gbps)の光波長多重伝送方式を採用。最大設計容量は毎秒144テラビット(Tbps)となる。

受注先のコンソーシアムにはほかに、中国移動通信(中国移動、チャイナ・モバイル)の香港子会社チャイナ・モバイル・インターナショナル、台湾の中華電信、チュアン・ウェイ(カンボジア)、米フェイスブック、韓国のSKブロードバンド、ベトナム郵政通信グループ(VNPT)が名を連ねる。

NECは11年、日本、中国、香港、シンガポール、フィリピン、ブルネイを接続する光海底ケーブル「SJC」を米ティー・イー・サブコムと共同で受注。SJCは13年に運用が開始されている。

NECによると、既存のSJCに加えてSJC2を敷設することで、東南アジア・東アジア間の通信需要の拡大に対応し、広い帯域幅が必要なモノのインターネット(IoT)などの導入による各国のデジタル化、イノベーション(技術革新)の促進に貢献すると期待されている。

光海底ケーブル「SJC2」ルート図

光海底ケーブル「SJC2」ルート図


関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムカンボジアシンガポール日本
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

米衣料品大手VF、ア太拠点を香港から移転(05/14)

外国人労働者の入国制限、当面は継続(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

ジュロン地区線の2駅、中国系企業に発注(05/14)

東テク、ビル管理システムの現地社買収(05/14)

仏エンジー、北西部で地域冷房システム受注(05/14)

複合ケッペル、川崎重工などと液化水素事業(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン