「7.85ドルまで介入せず」 HKMA総裁、下落基調鮮明に

9日の香港ドルは、対米ドルレートで一時7.8442HKドルまで下げ、1984年以来の最安値を更新した。香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁が8日、米ドルとのペッグ制の下限に当たる7.85HKドルに到達するまで介入しないとの方針を示したことで、香港ドルの売り…

関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

時代集団、貿易摩擦の影響は制御可能(20:16)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

運用資産5年で倍、6割回答 業界団体調査、本土が成長促す(09/18)

テイクオフ:「待つ」という行為も楽…(09/18)

ファスター・ペイメントの運用開始、金管局(09/18)

世界金融センターランク、香港3位に(09/18)

反落、IT銘柄軟調で節目割る=香港株式(09/18)

騰訊出資の資産運用会社、中国投資家に照準(09/18)

最低賃金37.5ドルへ、来年5月から(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン