「7.85ドルまで介入せず」 HKMA総裁、下落基調鮮明に

9日の香港ドルは、対米ドルレートで一時7.8442HKドルまで下げ、1984年以来の最安値を更新した。香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁が8日、米ドルとのペッグ制の下限に当たる7.85HKドルに到達するまで介入しないとの方針を示したことで、香港ドルの売り…

関連国・地域: 香港米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…(06/25)

広州南沙港コンテナ取扱増へ 2500万TEUを目標、香港超えも(06/25)

AAHK、パリの空港と協力強化で覚書(06/25)

関税応酬、香港経済への影響軽微=財政長官(06/25)

経済成長率を3.7%に上方修正、ハンセン銀(06/25)

新創建の合弁、ダブリンの航空機リース買収(06/25)

クレカ取引額、18年1Qは13.9%増(06/25)

香港系ローズウッドホテル、ヤンゴン進出へ(06/25)

1QのSVF決済額、2割増に(06/25)

シンドラー、HCM市に国内初ショールーム(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン