• 印刷する

中国企業が水力発電所、政府が委員会設置へ

カンボジア政府は、中国企業による南西部コッコン州での水力発電所の新設計画について、関係省庁で構成する委員会を立ち上げる見通しだ。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

鉱業・エネルギー省の報道官によると、中国華電集団が出力10万キロワット=kWの水力発電所の新設に向け、事業化調査を申請した。環境への影響などが軽微であることから、同省は前向きな姿勢を示している。

委員会は鉱業・エネルギー省のほか、財務経済省、カンボジア電力公社(EDC)、カンボジア電力庁(EAC)の関係者で構成される見通し。

中国華電集団は2014年、コッコン州に出力33万8,000kWのラサイチュルム下流水力発電所を稼働した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】きしむ現場、予算が不足 砂上の教育(上)教員育成道半ば(06/26)

上場5社の利益率、2018年は最大40%(06/26)

首都浄水場建設、欧州投資銀が1億ドル融資(06/26)

ネクストシフト、農家向け小口金融に融資(06/26)

タイ40社が投資会議に参加、提携先を開拓へ(06/26)

シアヌークビルのビル倒壊、観光に影響せず(06/26)

【ASEAN】激震が走るスリランカのファイナンス業界(06/26)

タイ首相、成長持続へ5カ国の連携呼び掛け(06/26)

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン