トヨタの2月販売は2割減、輸入制限が影響

トヨタ・ベトナム(TMV)が9日に発表した2018年2月の販売台数(レクサスを除く)は、前年同月比20%減の2,865台だった。国産の乗用車は伸びたものの、完成車(CBU)輸入を制限した政令116号が1月1日に発効したことで、主力車を輸入できなかったことが影響した。

車種別では、乗用車が31%増の2,119台。このうち、国産車の小型セダン「ヴィオス」が49%増の1,541台、セダン「カローラ」が49%増の315台、「カムリ」が32%増の263台だった。

商用車は43%減の746台だった。国産の多目的車(MPV)「イノーバ」は23%減の732台で、テト(旧正月)明けは、商用車の需要が下がる傾向にあるという。インドネシアから輸入している、スポーツタイプ多目的車(SUV)「フォーチュナー」は、政令116号の影響を受けて99.7%減の3台だった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

AKBの姉妹G「SGO48」、年内に結成へ(22:16)

病院でAIなど活用の動き HCM市5区でロボット利用開始(06/21)

1~5月の航空旅客、15%増の4330万人(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

南部の新コンテナターミナル、供用開始(06/21)

国産タイヤの輸出額、17年は9.2億ドル(06/21)

南部のパルプ工場、3回入札で買い手なし(06/21)

繊維業の技能実習で指針、発注側に確認要請(06/21)

PVガスの上半期利益、通年計画の8割に(06/21)

鉄鋼輸入、1~5月は570万トン(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン