• 印刷する

トヨタの2月販売は2割減、輸入制限が影響

トヨタ・ベトナム(TMV)が9日に発表した2018年2月の販売台数(レクサスを除く)は、前年同月比20%減の2,865台だった。国産の乗用車は伸びたものの、完成車(CBU)輸入を制限した政令116号が1月1日に発効したことで、主力車を輸入できなかったことが影響した。

車種別では、乗用車が31%増の2,119台。このうち、国産車の小型セダン「ヴィオス」が49%増の1,541台、セダン「カローラ」が49%増の315台、「カムリ」が32%増の263台だった。

商用車は43%減の746台だった。国産の多目的車(MPV)「イノーバ」は23%減の732台で、テト(旧正月)明けは、商用車の需要が下がる傾向にあるという。インドネシアから輸入している、スポーツタイプ多目的車(SUV)「フォーチュナー」は、政令116号の影響を受けて99.7%減の3台だった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【フィンテック】料金徴収代行のPayooが好調 国内8000カ所で対応、月間230億円(12/14)

トヨタの11月販売、38%増の7400台(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

フォード、11月の販売台数が過去最高(12/14)

韓国ジオモーターズ、電動バイク生産へ(12/14)

北西部の道路整備、ADBが1.9億ドル融資(12/14)

不動産在庫23兆ドン、最多時の5分の1に(12/14)

カマウ省のごみ処理問題、深刻化(12/14)

倉敷紡績、HCM市に販社設立(12/14)

モビフォン、TPバンクの全保有株売却へ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン