• 印刷する

アンドロイド狙うマルウエア、17年は757万個

コンピューターセキュリティーソフト中国大手の奇虎360科技(360)によると、2017年に全国で確認された米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載端末を狙ったマルウエア(コンピューターウイルスなど悪意のあるソフトやプログラム)は757万3,000個だった。前年比で46%減少した。8日付経済参考報が伝えた。

アンドロイドユーザーのうち、同年のマルウエア感染者は延べ2億1,400万人で、前年から3,900万人減少。感染者が最も多かったのは北京市で、次いで広州市、重慶市、四川省成都市などと続いた。

360が北京市公安局と運営するインターネット詐欺被害の相談窓口「猟網平台」が17年に受けた通報は17.6%増の2万4,260件だった。

被害額は3億5,000万元(約58億6,000万円)。1人当たりの平均被害額は1万4,413元で、前年から52.2%増えた。被害の6割超が、第三者への口座振り込みやQRコード決済関連だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

全国のPM2.5濃度、9月は16.7%改善(10/19)

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン