予算管理省と科技省、公共事業の監視強化

フィリピンの予算管理省と科学技術省は、大型公共事業の進捗状況を厳密にチェックする「デジタル画像監視評価(DIME)」プログラムを開始する。工事が迅速に無駄なく進むよう監視することで、公的資金を投じながら計画倒れとなる公共事業が出るのを防ぐ。8日付マニラタイムズなどが伝えた。

レーザー光を照射して遠距離にある対象までの距離を測定するライダー(LIDAR)技術などを活用し、建設現場の状況をデジタル画像で監視する。ライダーで対応できない場合は、衛星やドローン(小型無人機)を利用する。

予算管理省と科学技術省は昨年、3件の事業について同プログラムを試験運用し、本格運用を決めた。今年は公共事業道路省の港湾と空港を結ぶ道路の建設、円借款が充てられる運輸省の南北通勤鉄道建設など13件の大型事業を対象に実施する。

評価の結果は大統領に報告される。工事に異常がみつかった場合、担当者をオンブズマン事務所(行政監査院)に告発する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(16:02)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(13:43)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(11:52)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン