ベターワールド、ベトナムで廃棄物発電検討

タイで廃棄物処理を手掛けるベターワールド・グリーンは8日、ベトナムでの廃棄物発電の事業化調査に向け、タイ発電公社(EGAT)傘下のEGATインターナショナルと覚書を締結したと発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、2社はベトナムでの廃棄物発電事業…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン