• 印刷する

石炭バンプー傘下、電力貯蔵システムに投資

タイの石炭開発会社バンプーは7日、子会社のバンプー・インフィナジーを通じ、シンガポールの電力貯蔵システム(ESS)開発会社ニューリソーシズ・テクノロジー(NRT)の株式の44.84%を取得したと発表した。投資額は4,510万シンガポールドル(約36億4,000万円)。

NRTは自動車やESS向けのリチウムイオン電池を設計、製造している。中国に容量8万キロワット時(kWh)の電池製造工場を持ち、さらに拡大する計画もある。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、NRTの株式取得は、バンプーにとってESS事業に対する初の本格的投資となる。総合的なエネルギー企業を目指す戦略に沿った措置という。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融IT・通信天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:全国からさまざまな人が…(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

昭和電工、カラバオとのアルミ缶工場が完工(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

東京ガスなど、民間のみで初のガス配給事業(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

PTT子会社、太陽光発電に105億円投資(12/11)

大和証券、金融オーラと業務提携を締結(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン