• 印刷する

テイクオフ:香港を訪れた外国人旅行…

香港を訪れた外国人旅行者は、交流サイトでどんな感想をつづっているのか――。ホテル予約サイトが人工知能で分析した結果を香港紙が取り上げていた。

調査によると、約500万件の観光関連の文章で登場する頻度が高かった単語は、高級ホテル「リッツカールトン」、レストラン「珍宝王国」、「露店」、「ルーフトップバー」、ランタオ島の「天壇大仏」の5つ。100階を超えるホテルで、高層ビル群や雲影が映るビクトリア湾を上から眺めるぜいたく。一方、所狭しと出店が並ぶ混沌(こんとん)とした通りでローカルフードを楽しむ。単語から見える風景の差が大きいところが、なんだか香港らしい。

昨今は中国本土客を中心に旅行者が再び増えつつあり、政府は新しい観光商品の投入に躍起になっている。次は香港のどんな一面が見られるのか、アテンドする身としても楽しみになってくる。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

HKTと騰訊、金融向けクラウドで提携(18:52)

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン