有望投資先、マレーシアは世界4位=米誌

米誌「USニューズ&ワールド・レポート」が先月発表した「有望な投資先ランキング2018年」で、マレーシアは世界4位となった。首位はフィリピンで、上位5カ国のうち4カ国は東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国が独占した。 2位以下はインドネシア、ポーランド、マレーシ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンインド
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北海道から九州に引っ越…(12/10)

パナ、マレーシア現法の開発力強化 新市場にらみ、新R&D拠点開所(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

RM=27.0円、$=4.16RM(7日)(12/10)

エアアジア、ハイアウと合弁でベトナム進出(12/10)

石油、来年は日量1.5万バレルの減産(12/10)

ペトロナスとト州、シリカ産業開発で調査(12/10)

サプラ、インド沖海底油田で設備共同受注(12/10)

宅配GDEX、19年度に過去最高の設備投資(12/10)

メルセデス販売店、出張点検サービスを開始(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン