18年の農林業成長率2.8%、政府目標

ラオス政府は、農林業の持続的な成長に注力する方針だ。農業・林業・農村開発部門の2018年の成長率目標は前年比2.8%に設定。国内総生産(GDP)の15.73%を占めると予想している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 リエン・ティケオ農林相は、◇食料安全保障◇…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

経済成長へ、インフレ抑制など協議(05/28)

アジア開銀、医療整備に3000万ドル融資(05/25)

埼玉など4自治体、ラオスの水道事業支援(05/24)

中国海南省、2都市に直航便就航へ(05/24)

証取の売買額3倍、17年は4100万ドル(05/23)

世銀など、国道13号線改修を支援(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン