• 印刷する

宿泊施設の決済を仮想通貨で、ビッサム

仮想通貨取引所で韓国2位のビッサムは6日、国内で宿泊予約アプリ「ヨギオッテ(ここどう)」を運営するウィズイノベーションと業務提携を交わしたと発表した。同アプリを通じて予約したホテルやモーテルなどの宿泊費をビッサムのアカウントの仮想通貨で決済できるようにした。

「ヨギオッテ」は国内の約5万カ所の宿泊施設を登録。月間利用者は200万人に上る。今回の提携で、ホテルをはじめ、モーテルや韓国伝統家屋「韓屋」などの決済が仮想通貨で可能となる。韓国の宿泊予約アプリで仮想通貨が利用できる初めてのケースとなる。

旅行サイト世界大手のエクスペディアは宿泊施設の決済を「ビットコイン」で行えるようにするなど、世界的に仮想通貨で決済する動きが広がっている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のケーブルテレビで…(08/20)

超大型燃料電池発電所を建設 副生水素利用、ハンファが主導(08/20)

自営業者の税務調査免除、経営環境悪化で(08/20)

国民年金基金、「2057年に破綻」と発表(08/20)

HKTDC、韓国食品の販売拡大で協定(08/20)

検察のカルテル捜査可能、公取委の告発なしに(08/20)

現代自やLG電子、トルコ進出企業が緊張(08/20)

7月自動車産業、国内販売がプラス転換(08/20)

テレビ通販各社、モバイルサイト中心へ(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン