• 印刷する

宿泊施設の決済を仮想通貨で、ビッサム

仮想通貨取引所で韓国2位のビッサムは6日、国内で宿泊予約アプリ「ヨギオッテ(ここどう)」を運営するウィズイノベーションと業務提携を交わしたと発表した。同アプリを通じて予約したホテルやモーテルなどの宿泊費をビッサムのアカウントの仮想通貨で決済できるようにした。

「ヨギオッテ」は国内の約5万カ所の宿泊施設を登録。月間利用者は200万人に上る。今回の提携で、ホテルをはじめ、モーテルや韓国伝統家屋「韓屋」などの決済が仮想通貨で可能となる。韓国の宿泊予約アプリで仮想通貨が利用できる初めてのケースとなる。

旅行サイト世界大手のエクスペディアは宿泊施設の決済を「ビットコイン」で行えるようにするなど、世界的に仮想通貨で決済する動きが広がっている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

中国人団体客の韓国行き再開、業界に期待感(15:34)

釜山発日本経由のクルーズ船、4月に就航(15:33)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(13:26)

テイクオフ:娯楽室――。日本人は囲…(10/22)

LCCの参入規制を緩和 旅行需要に対応、雇用創出に期待(10/22)

18年成長率2.7%に下方修正、韓国銀行(10/22)

米の為替報告書、韓中を監視対象に(10/22)

韓国の飲食宅配アプリ、来年にベトナム進出(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン