駐車スペースの最低基準緩和、民間集合住宅で

シンガポールの不動産開発業者は民間集合住宅の建設に際し、従来よりも柔軟な土地の利用が可能となりそうだ。運輸省が5日、国会に提出した駐車場法の改正案には、駐車スペースの最低基準を緩和する方策が盛り込まれている。

現在、陸上交通庁(LTA)は民間集合住宅に対し、1戸当たり1台以上の駐車スペース確保を義務付けている。改正法案では、物件ごとに基準を緩和または強化できるようにする。条件次第で最低基準を引き下げることで、土地の有効利用を促す狙いだ。

これはまた、政府が掲げる脱自動車(Car-Lite)政策にも沿ったもの。MRT(地下鉄・高架鉄道)やバスといった公共交通機関のサービス拡充に加え、歩道や自転車道の整備などを進めることで、自動車依存からの脱却を促していく。

この一環として、不動産開発業者には駐車スペース確保の新機軸として、複数の物件間でスペースを共有する「駐車場ハブ」の試験導入も認める方向だ。

改正法案ではこのほか、急速に普及してきた自転車シェアサービスに免許制を導入することが打ち出されている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

TPPを批准、メキシコ・日本に続き3カ国目(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

配車アプリのグラブ、国立大とAI研究所開所(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

STエンジ、自動運転車で米ライドOSと提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン