• 印刷する

中小・新興企業の連携支援、3年で1億Sドル

シンガポールのS・イスワラン通産相(産業担当)は2日、中小企業と新興企業の連携を後押しする新たな枠組みに向こう3年で1億Sドル(約79億8,000万円)を拠出すると明らかにした。国内の各企業が協力してイノベーション(技術革新)などを進める重要性を強調している。

イスワラン通産相によると、政府は国内企業間の連携を促す複数の助成制度を「能力転換パートナーシップ(PACT)」に集約する方針。新技術の共同開発や知識移転、資源の共有化などにかかる費用の最大70%を政府が補助する仕組みで、4月1日から申請を受け付ける。

同相は2017年9月、地場企業の海外進出や国際競争力強化の支援を手掛ける国際企業庁(IEシンガポール)と、地場中小・新興企業の生産性向上や商品・サービス規格の標準化などを担う規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)を統合し、18年4~6月期に機関「エンタープライズ・シンガポール」を立ち上げる計画を打ち出した。経済開発庁(EDB)とSPRINGシンガポールはこれまでPACTの下、大企業と中小企業の連携促進を後押ししてきた。今回、これにSPRINGシンガポールとIEシンガポールがそれぞれ手掛ける他の助成制度を統合するという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン