外資企業の特許適用広がる 日中欧、知財保護で進出に弾み

カンボジアで特許の適用を取り巻く環境が変化している。日本は先んじて日本国内で取得した特許を無審査でカンボジアに適用できるようにしたほか、欧州で取得した特許についても、今月1日からカンボジアで出願が可能となった。中国も追随している。自国で取得した特許が進出国や進…

関連国・地域: 中国カンボジア日本ASEAN欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

シアヌークビルに観光特区、沿岸部を開発(02/25)

ホテル開業続く、新型肺炎の影響なく(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

イオン、ネット配送を本格化 多忙な現代人の需要取り込み(02/24)

自動車組み立て産業向け優遇措置、継続へ(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン