外資企業の特許適用広がる 日中欧、知財保護で進出に弾み

カンボジアで特許の適用を取り巻く環境が変化している。日本は先んじて日本国内で取得した特許を無審査でカンボジアに適用できるようにしたほか、欧州で取得した特許についても、今月1日からカンボジアで出願が可能となった。中国も追随している。自国で取得した特許が進出国や進…

関連国・地域: 中国カンボジア日本ASEAN欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カンダル州の発電所、電力供給を開始(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

首都のコンド供給、20年第4四半期は937戸(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

【カンボジア経済通信】フィンテックやeコマースが急速に発展 第365回(01/15)

20年の税収、前年比3.7%増の29億米ドル(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン