• 印刷する

マニラ空港ターミナル再編、航空大手が難色

マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)で予定されているターミナル割り当ての再編が、航空業界で物議を醸している。議会が再編完了の期日に設定した4月1日は急すぎるとして、国内大手は難色を示す。議会は「6カ月は必要」とする業界の意見を受け入れるもようだ。1日付ビジネスミラーなどが伝えた。

4カ所のターミナルを持つNAIAでは、フィリピン航空(PAL)が第2ターミナルを独占的に使用し、格安航空会社(LCC)最大手セブ・パシフィック航空が第3ターミナルをほぼ独占している。

NAIAを運営するマニラ国際空港公団(MIAA)は先に、運営の効率化を目的に、ターミナルの割り当てを変更する計画を発表。MIAAのモンレアル・ゼネラルマネジャーは2月28日の下院運輸委員会で、下院から提示された「2月14日から45日以内」に再編を完了するとの目標を示した。

再編後は第1と第3が国際線、第2と第4が国内線となる。セブ航空傘下セブゴーのアレクサンダー・ラオ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「(セブ航空が)国内線を第3から第2へ移すのに、最低でも1年は必要」と述べ、計画に難色を示す。運輸委員会に出席したモンレアル氏は、「45日が難しいのは理解できる。外資航空会社からは移行期間を6カ月にするよう提案されている」と述べた。委員会に出席したアルバレス下院議長は閉会後、期間を45日から6カ月に延長する案に同意した。

モンレアル氏によると、航空会社に対する割り当ては、◇第1はPAL、アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空、日本航空、タイ国際航空、サウジアラビアのサウディア◇第3はセブ航空、27社の外資系航空◇第2はPAL、同社傘下のPALエクスプレス、セブ航空◇第4はLCCのエアアジア・フィリピン、セブゴー、スカイジェット、エアスイフト――などとなる予定だ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

三菱商事、アヤラへの出資比率6.6%に低下(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(01/18)

17日為替:$1=52.410ペソ(↓)(01/18)

IBMが技術教育課程開設、東南ア2カ国目(01/18)

中国OPPO、新ブランドでシェア拡大へ(01/18)

官民で海事人材を強化へ、大統領令受け(01/18)

港湾大手、三井E&Sの環境型クレーン導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン