• 印刷する

コーヒービーン&ティーリーフが国内展開へ

シンガポール取引所(SGX)上場のシンガポール・ミャンマー・インベストコ(SMI)は2月26日、米カフェチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」(CBTL)と、ミャンマーでの運営権契約を締結したと発表した。今後は全国展開を急ぐ。

SMIは既に、ヤンゴン国際空港の国際線ターミナル2カ所と新国内線ターミナル1カ所で、CBTLを運営している。空港外での最初の店舗は、2018年1~3月期に開業する予定。

最大都市ヤンゴンでは中間層の増加に伴い、カフェ人気が高まっている。オーストラリアのカフェチェーン運営大手グロリア・ジーンズや、多くの個人店が需要開拓を目指している。

SMIは、海外ブランド飲食店のフランチャイズ運営に力を入れている。力の源ホールディングス(福岡市)とのライセンス契約を通じ、2017年にヤンゴン中心部で博多ラーメン店「一風堂」を開業。シンガポール系の中華料理チェーン「翡翠(クリスタル・ジェード)」も運営している。空港内では免税店なども展開している。


関連国・地域: 中国ミャンマーシンガポール日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

22日はイスラム教犠牲祭で公休、政府が発表(15:21)

DICA、教育分野投資で追加ガイドライン(14:58)

企業の4割、昨年賃上げ実施 賞与は7割が貢献度に応じて(08/15)

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

右ハンドルなど違法車両輸入、29社で確認(08/15)

対米ドル為替レート幅の規制を撤廃、中銀(08/15)

4~7月のFDI、既存事業拡大が5割超(08/15)

昨年度のインフラ事業、完成は57%のみ(08/15)

ゴム、輸出増加目指し品質証明を発行へ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン