• 印刷する

コーヒービーン&ティーリーフが国内展開へ

シンガポール取引所(SGX)上場のシンガポール・ミャンマー・インベストコ(SMI)は2月26日、米カフェチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」(CBTL)と、ミャンマーでの運営権契約を締結したと発表した。今後は全国展開を急ぐ。

SMIは既に、ヤンゴン国際空港の国際線ターミナル2カ所と新国内線ターミナル1カ所で、CBTLを運営している。空港外での最初の店舗は、2018年1~3月期に開業する予定。

最大都市ヤンゴンでは中間層の増加に伴い、カフェ人気が高まっている。オーストラリアのカフェチェーン運営大手グロリア・ジーンズや、多くの個人店が需要開拓を目指している。

SMIは、海外ブランド飲食店のフランチャイズ運営に力を入れている。力の源ホールディングス(福岡市)とのライセンス契約を通じ、2017年にヤンゴン中心部で博多ラーメン店「一風堂」を開業。シンガポール系の中華料理チェーン「翡翠(クリスタル・ジェード)」も運営している。空港内では免税店なども展開している。


関連国・地域: 中国ミャンマーシンガポール日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

ヤンゴンバス電子決済、年内に稼働目指す(01/21)

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可(01/21)

石油公社、マグウェーで26日に試掘開始(01/21)

10~12月の貿易額は84億ドル、1億ドル増(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ネピドーに緊急医療訓練センター、国内初(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン