テイクオフ:アイデアを形にしたい人…

アイデアを形にしたい人が誰でも資金を調達できる「クラウドファンディング」。インドでは教育の場で活用が進んでいるそうだ。特に地方で資金が不足している学校の教師が、生徒のために寄付を募っている。

そのプラットフォームになっているサイトの1つをのぞいてみると、ホワイトボードや黒板、パソコンのほか、プロジェクトの資金を募っていた。調達額はさまざまだが、1万円程度のものもあり、調達率は100%を超えることも多いよう。寄付したい個人を学校とうまくつなげ、実際に資金が活用されているのを見届けることができるのも調達率の良さに寄与しているのだろう。

インドには初等教育だけで百万校近く存在し、政府の資金で賄いきれないのも当然かもしれない。新しい資金調達の形が教育の現場に新たな旋風を巻き起こしそうだ。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン