• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは自転車…

シンガポールでは自転車シェアサービスの存在感が増している。

気が付けば、主要な建物や駅、バス停の近くでは必ずといっていいほど同サービスの自転車を見掛けるようになった。普及自体はありがたいのだが、利用者拡大につれて故障した自転車も増えてくる。自分は準大手のサービスを使っているが、最近は自宅周辺で自転車を見つけても大概が壊れていて使えない。何台か試してやっと乗車できる状態だ。大手に比べて台数が少ないため、もともと空いている自転車を見つけるのも簡単ではなかったが、故障している自転車ばかりだとサイクリングする気持ちもなえてしまう。

故障車に当たりやすいのは場所柄や運もあるのかもしれない。もうしばらく我慢してサービスが改善するのを待つか、あるいはまだアプリに結構残っている入金額をそのままにして大手に乗り換えるか、思案中だ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールのチャンギ…(01/23)

19年の日系予想昇給率は3.2% NNA調査、優秀人材確保が課題(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

法務省、著作権法改正の報告書公表(01/23)

人的資源の競争力、6年連続で世界2位(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

ウィルグループ、地場人材紹介CCGを買収(01/23)

ICMG、地場の人事AI新興企業と提携(01/23)

ICMGや東電の出資先と新会社、地場WE(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン