韓国の暁星、ベトナムとインドへ投資拡大

韓国の繊維・化学大手の暁星が、ベトナムとインドを世界市場の開拓基地とし、投資を拡大する意向であることが明らかになった。26日付中央日報が伝えた。 ベトナムにおいては、特にポリプロピレンやモーターなど化学と重工業分野へ注力する。また電力や道路、港湾などのインフラ構…

関連国・地域: 韓国ベトナムインド
関連業種: 化学繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、ベトナムは2人感染も1人は回復(01/30)

1月の輸出額、14%減の190億ドル(01/30)

1月の消費者物価指数、6.4%に大幅加速(01/30)

1月の鉱工業生産指数、5.5%のマイナス(01/30)

アサヒ、タイ企業とのカルピス合弁解消(01/30)

金属商社の白銅、同業の越商社に4億円出資(01/30)

建設コテコン、原価上昇などで19年利益半減(01/30)

プラスケム、BOPPフィルム工場を建設(01/30)

VNPOLY、台湾企業と延伸加工糸で協力(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン