• 印刷する

メイ諸島、黄金パールの商業規模生産計画

ミャンマー南部タニンダーリ管区メイ(メルギー)諸島で、黄金色の「ゴールデンパール」の商業規模生産計画が進んでいる。イレブン(電子版)が22日に伝えた。

メイ諸島で真珠養殖を行っている企業は現在、国営を含む地場、外資を合わせて9社。国営企業ミャンマー・パール・エンタープライズのミョ・ルウィン副ゼネラルマネージャーは、「メイ諸島では主にゴールデンパールを生産していく方針」とした上で、「地場・外資企業がゴールデンパールの商業規模生産に向けた研究を行っている」と明かした。

ミャンマー産の真珠は粒が大きく輝きがあるため外国で人気が高い。2月23~25日には、香港で「第6回ミャンマー・パール・エキスポ」が開催された。昨年米ラスベガスで開催されたエキスポでは、日本や中国、韓国、タイ、シンガポール、インド、米国、カナダのバイヤーがミャンマー産真珠を購入した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

年内に電化率50%目指す 政府、電気料金値上げも示唆(03/22)

〔寄り道〕「今が暑さのピークでしょうか…」。(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

JOIN、ティラワのバルクターミナルに出資(03/22)

三井住友海上、ティラワの災害リスクセミナー(03/22)

日新電機、ヤンゴン公社に配電自動化システム(03/22)

近藤鋼材、ヤンゴンに鉄骨図面作成会社(03/22)

2月のインフレ率7%、18年1月以降で最高(03/22)

タニンダーリ環境保護相、首相に正式任命(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン